あおぞら湘南クリニック

お問い合わせはコチラ→0463-72-7851

アクセスマップ

お知らせ

肺炎球菌ワクチン接種の受け付け開始。

肺炎球菌ワクチンの接種を予約制で受け付けいたします。

肺炎はかぜをこじらせて発症する場合が多く、肺炎が原因による死亡は、ガン・心臓病・脳卒中に続いて第4位を占めます。特に65歳上では、高齢のため抵抗力が弱くなっていることから、肺炎による死亡率が高くなります。

肺炎の原因の中でも死に至る重症型肺炎の最大の原因は、肺炎球菌です。肺炎球菌には80種以上の種類があり、その中で感染の原因の約8割になっている23種類を23種類を選んでワクチンが作られています。
(1)高齢者(65歳以上の方)
(2)慢性呼吸器疾患・慢性心臓疾患のある方
(3)腎臓病・糖尿病や肝障害などの患者の方
以上の方には、肺炎球菌ワクチンの接種をおすすめします。

接種では、0.5mlの肺炎球菌ワクチンを皮下に注射します。接種時期はいつでもよく、1回接種すれば10年前後効果が続きますので、毎年予防接種をする必要はありません。注射部位が腫れることこともありますが、1日から2日で自然におさまります。

冬は空気も乾燥し、インフルエンザに細菌感染症を合併する頻度もあがります。ですので、インフルエンザワクチンとともに肺炎球菌ワクチンの接種をおすすめします。接種の間隔は、インフルエンザワクチン接種と1週間以上あければ問題ありません。

トップページに戻る